浜っ子 あさひ  あさがお連  について





  《挨拶》 連長 坂口 範子


「地域の活性・連携づくり」として始まった阿波踊りグループです。
特色は、地域活動だけでなく、福祉活動に力を入れ、年間約10箇所・
15回前後の訪問活動していることです。
技術面のご指導を大和の相州大和あずま連・蜻蛉連の方々から受けて
います。  
技術的には、まだまだ未熟ですが、「高齢社会」と言われている現在、
高齢者の方々に勇気と充実感を感じていただければ幸いです。
現在、連員(会員)の平均年齢は高いのですが、若い方々の入会を歓
迎します!!
『踊る阿呆に 見る阿呆 同じ阿呆なら 踊らにゃ ソン ソン』の掛け声
があります。あなたも、ご一緒にいかがですか?
お越しをお待ちしております!!







 平成20年度 希望ヶ丘東地区連合自治会「祭り」事業実行委員会に
おいて、地域活性化のため連合自治会の枠を超え、旭区全体の『阿波
踊り』のグループ育成事業を行い、立ち上がった団体です。
 連の名前は、旭区の花「あさがお」にちなんで命名しました。






   

           2016.07.30 地区連合主催:夏まつりにて





 目 的

  ● 地域活性化の理念に基づき正調阿波踊りを目指し、福祉活動に力を入れ、地域
    連携の構築に寄与する。




 活動内容

  ● 週に1回の練習
     原則として、第1・3月曜日:東希望ヶ丘小学校 体育館
                   or 今宿地域ケアプラザなど
           第2・4月曜日:東希望ヶ丘小学校 コミュニティハウスなど
           19:00〜20:45
         ※ 練習会場は全て公共施設であり、毎月申し込みますので確定
           ではありません。
  ● 地域事業への参加
  ● 福祉施設への訪問事業

 


 運営・経緯

  ● 当初は、希望ヶ丘東地区連合自治会の祭り事業予算の中から、グループ育成事  
    業費として予算化、運営していました。 
    当初より、大和の相州大和あずま連・蜻蛉連の方々のご指導により技能向上を 
    図っています。  
  ● 平成21年度は、旭区社会福祉協議会「ほたるふぁんど」助成金と連費の徴収を  
    行い運営していました。
    当年より福祉施設への訪問事業が実施しています。   
  ● 平成22年度より、連合自治会の各種団体として位置づけられ、連合自治会助成  
    金・社会福祉協議会助成金・連費・事業収入・その他の助成金にて運営してい  
    ました。 
    当年、衣装を作りました。  
  ● 平成28年度より、連合自治会の各種団体から外れ、連費・事業収入・その他の  
    助成金・寄付金等にて自主運営しています。  




 構成・組織

  ● 連員(会員)は、連の目的に賛同する者をもって構成しています。      
  ● 連には、連長・副連長(若干名)・総務(事務局)・会計・幹事(若干名)・
    監事を置き職務を遂行しています。